基礎となる化学を学び、幅広い分野で活躍できる科学技術者を養成する

神奈川工科大学応用化学科実験授業の様子
「あなたも名探偵!」理科実験の開催(あつぎ協働大学特別講座)
高大連携講座「生物多様性と化学からみた環境(基礎)」開催しました
研究は止まらない
日本薬学会で発表してきました
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

3つのコース

魅力ある実践的なカリキュラムが組まれています

化学応⽤コース

化学応⽤コースは応⽤化学および⾃然科学分野の基礎⼒を⼗分に⾝につけ、更には専⾨分野を幅広く学び、化学全般に対して広い視野を⾝につけます。専⾨分野では⾃ら興味のある科⽬を中⼼に履修します。コース履修⽣は,社会と化学の関連性についても学び、社会に出てからの必要な知識を⾝に着けます。将来像を照らし合わせながら,カリキュラムを履修することになります。

学生の活躍

日本薬学会で発表してきました

日本薬学会で発表してきました

3月の20日から23日にかけて,卒業式も終わったところでしたが,4年生の今田さんが日本薬学会 第139年会(千... ...
日本化学会春季年会で発表してきました

日本化学会春季年会で発表してきました

応用化学科の4年生4名が日本化学会第 99 春季年会で発表を行いました。主に卒業研究の内容になりますが,優れた... ...
第8回サイエンス・インカレで発表しました

第8回サイエンス・インカレで発表しました

応用化学科には応用バイオ科学科と一部合同で授業を選択する「医生命特別専攻コース」があります。このコースでは2年... ...
日本化学会第8回CSJ化学フェスタにて2年生が発表しました

日本化学会第8回CSJ化学フェスタにて2年生が発表しました

会期:2018年10月23日(火)~25日(木) 会場:タワーホール船堀(東京) 主催:公益社団法人 日本化学... ...

学科教員によるブログ

毎週更新を目指しています!

研究は止まらない

こんにちは!山口です。 後期授業のスタートは9月の第4週からですが、多くの研究室は夏休みが終わって研究をスタートしています。卒研生(4年生)の目標は、10月最初に行われる「中間発表会」です。これまでの研究結果をポスター1枚(背丈ほどの大きさ ...
続きを読む
/

卒業研究紹介「燃料電池」

竹本研究室では直接アルコール形燃料電池の研究を行っています。 調製した触媒をプロトン導電膜に塗りつけてホットプレス・・・、また、エンドプレートはアクリル板から切り出して・・・、と、部品ひとつひとつを手作りしています。 4月から研究がスタート ...
続きを読む
/

第7回アフリカ開発会議

行ってきました、アフリカ開発会議(TICAD7)です。今月(8月)はアフリカ月間でいろいろなイベントが各地で催されていたようです→アフリカに一番近い都市 ”横浜” で、行ってきたのは公式サイドイベントの一つ、神奈川県と国連開発計画(UNDP ...
続きを読む
/

AIと化学

化学の分野でも、他の分野に劣らず、近年は「AIを利用した化学」を盛んに耳にするようになりました。AIを利用した創薬(薬を作ること)や、多分、農薬なんかもきっとAIを利用して、より効率的になんてことになるのでしょうか。例えば、化学物質に対する ...
続きを読む
/

「あなたも名探偵!」理科実験の開催(あつぎ協働大学特別講座)

「あなたも名探偵!」理科実験の開催(あつぎ協働大学特別講座) 8月19日(月)に、本学で、あつぎ協働大学特別講座「あなたも名探偵!」と題して、子供理科実験教室を開催しました。毎年の恒例行事になりつつありますが、今年は小学1年生から中学1年生 ...
続きを読む
/
過去のブログはこちら

教育

自ら考え、自ら実践できる技術者育成を目指しています

専⾨・基礎学⼒がしっかり⾝につきます

割れないガラス、汚れない壁紙、再⽣できる樹脂、様々な物品が毎年のように開発されています。これらの新しい機能や性能はすべて応⽤化学で扱う分野です。応⽤化学で扱う分野は幅が広く環境問題や医薬品も応⽤化学の対象となります。多くの研究・開発分野に対応するため、応⽤化学科では『基礎学⼒』をまずしっかりと⾒につけ、同時に他の分野でも応⽤できる応⽤⼒(デザイン⼒)を培います。

社会⼈になるために必要な能⼒を育成します

基礎学⼒の習得するのみでなく、あらゆる分野に応⽤する⼒を⾝につけます。社会に出てから必要な問題解決⼒や必要なコミュニケーション能⼒を有する技術者として卒業します。これらの育成のために、新たな課題解決に取り組む授業や、実践的なプレゼンテーションを学ぶ授業が多く、配置されています。

実験科⽬が多くあります

習得した基礎学⼒は、実技で役に⽴ててこそ⼤きな⼒になります。応⽤化学科では、実験⽅法を考案するなどの、思考⼒を求める実験プログラムが多数⽤意されています。また⼀年⽣から、先端の研究に触れる卒業研究体験実習があり、4年間で学ぶべき内容を⼀年⽣から体験することにより、今後、習得すべき知識、技能を明確にすることによって、学習に役⽴てています。また各学年に必ず実験科⽬が有り基礎技術の習得も⾏います。

多彩な進路先があります

本学⼤学院を始め、他⼤学⼤学院への進学実績が豊富です。また化学分野はあらゆる産業の基礎になりますので、就職先も多彩にあります。就職先は、⾷品、化粧品メーカー、医薬品中間体メーカー、化学プラントを始めとする⼤⼿、中⼩企業への就職がメインです。卒業後の進路についてはこちらをご覧ください。

特色ある科目の一部を紹介します
【化学の基礎を点検する科目】 「化学基礎演習」
入学直後の1年次前期に、応用化学科教員の総力を結集して高校までの化学の総復習を行うとともに、今後の学
【卒業研究を1年生が?】 「卒業研究体験実習」
実験は好きですか? 1年生のはじめから、先端の実験・研究をやってみませんか? ワクワクするような気持
【資格の取得を応援】 検定プログラム
  いくつかの資格については単位を認めています(単位数の上限あり)。入学前に取得済みの資格
【総合化学エンジニアコース専用科目】 「エンジニアリング・デザインと生物模倣技術」
他学科の学生と共同作業を通じてチームワークの大切さを学びます。この科目で取り上げる生物模倣技術とは,

支援体制

一人ひとりにあった教育を目指しています

クラス担任制度

学生10 名前後に対して教員1名の担任制をとっています。1人ひとりに目が届く綿密なサポート体制により、学生生活に対する不安を少しでも和らげることができるよう、教員が一体となって支援しています。

インターネットも活用中

クラスのイベント情報から講義資料のダウンロード、授業の連絡など使い方はさまざま、盛りだくさんの内容です。便利な「学科専用クラウドシステム」や「学科専用SNS」で連絡や相談ができます。卒業後もSNSでつながりますので末永く支援できます。

教授:斎藤 貴

化学とバイオのパワーで環境と生物、人を生き生きさせる!

研究室情報

教授:三枝康男

エンジニアリングプラスチックの機能化と高性能化を図る

研究室情報
最新研究情報

教授:髙村岳樹

環境の過去、現在を識り、未来を推定する

研究室情報

教授:竹本 稔

光とエネルギーの分野で活躍する新素材を開発する!

研究室情報

教授:山口淳一

化学とバイオのパワーで環境と生物、人を生き生きさせる!

研究室情報
最新研究情報

准教授:大庭武泰

化学を上手に使うシステムで環境問題に取り組もう

研究室情報
最新研究情報

准教授:森川 浩

新しい素材を合成しよう

研究室情報
最新研究情報

神奈川工科大学公式サイトでの学科紹介はこちらでご覧いただけます

神奈川工科大学 学科紹介