基礎となる化学を学び、幅広い分野で活躍できる科学技術者を養成する

研究室紹介

応用化学科では、社会で必要とされている専門分野に対応した3つのデザインを設定しており、3年次から将来の希望進路に応じて選択できます。

環境-バイオデザイン

地球規模で広がりつつある環境汚染の現状を把握し、化学物質による汚染の実態、 メカニズムの解明や浄化に関する研究と教育を行います。

マテリアルデザイン

新しい化学物質(マテリアル)の合成や分子設計及び材料評価に関する研究と教育を行います。

エネルギーデザイン

限りある資源やエネルギーの有効利用、省エネルギーで効率よく物質を変換・生産するシステムに関する研究と教育を行います。