基礎となる化学を学び、幅広い分野で活躍できる科学技術者を養成する

企業との共同研究

こんにちは、大庭です

大学の役割には教育と研究がありまして、社会へ優れた人材を送り出すだけではなく研究成果によっても社会へ貢献しています。

教育と研究の両方が同時に進むのが企業との共同研究で、共同研究の一部が卒業研究や大学院での研究になっていることがあります。

現在も大庭研究室ではケミカルループ燃焼に関する共同研究が進行中で、実用化という目標があるためか学生も真剣に取り組んでいます。社会へ出る前に企業におけるスケジュール感(いつまでに何を実現させる、評価をいつするかなど)を体験できるので、卒業後も学生気分が抜けるのが早いとよいなと思います。

 

0