http://www.kait.jp/

会長挨拶

会長の挨拶

 この度、初代会長の内藤先輩に引き続き、2代目の会長に任命されました、高専6期の三井と申します。現在、私は当大学の基礎・教養教育センターに在職しており、大学が変貌していく姿を目の当たりにできる位置にいます。高専のときは1学年150名ほどで、5学年までのすべてを数えても750名にしかならず、学校の敷地面積は学生総数に対して、広すぎるぐらいでした。それもあって、現在、図書館のある辺りは、自動車部のダートコースとなっており、建物の数も少なく広々としておりましたが、設備、研究環境などは十分なものではありませんでした。
あれからもうすぐで創立50周年(来年)、大学になってからも38年を迎えようとしています。学部・学科の数、研究施設や設備の数も高専当時とは比べものにならないほど増え、大学らしい環境が整備されるとともに、多くの研究成果もあげてまいりました。特にここ数年は、創立50周年を迎えるにあって、キャンパス再開発がなされており、現在も、新講義棟、新体育館、多目的広場など新しい設備の建設が進められています。
この様な中にあって、この会が同窓の皆様に何を提供できるのかと考えさせられてしまいますが、ときには変貌するキャンパスを訪ね、新しい学び舎の息吹を身に受けて力を得たり、社会人として歩んでいる同窓の皆様の間で、情報を交換したりできれば幸いであると思います。今後とも、この同窓会が、横の繋がりや縦の繋がりを強くできるよう運営していきたく、皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

Copyright(c)2010 応用化学科同窓会 all rights reserved.