基礎となる化学を学び、幅広い分野で活躍できる科学技術者を養成する

実はなかった!?

わたしたちのような化学を学んできた人には,どちらかといえば衝撃的な論文が発行されました。

Goodbye to S2− in aqueous solution (Chem. Commun., 2018, 54, 1980-1983)

で中身は,水溶液中にS2−イオンはないんだ,という論文です。
高校の教科書でもありますよね・・

HS + OH ⇄ S2− + H2O

みたいな反応。この平衡定数だってしっかり記載されてます。でも「実は違うんだ」という論文です。
論文によると,どうやらこれまで平衡定数を測定してきた反応は
HS + OH + Na+ ⇄ NaS2− + H2O
で,結局,論文によるとS2−の生成は確認されなかったのだそう。

教科書に書いてあるようなことが,全否定される結末・・。
こんなことがまだまだあるのかも,って思うと化学って楽しいですね!

0