http://www.kait.jp/

会則

神奈川工科大学応用化学科同窓会会則

第1条(名称)

本会は、神奈川工科大学応用化学科同窓会と称する。

第2条(目的)

 
1. 神奈川工科大学応用化学科卒業生間及び現旧教職員との親睦、情報交換、連絡を行うこと。
2. 大学及び応用化学科の情報を会員に提供すること。

第3条(事業)

本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1. 総会の開催
2. 幹事会の開催
3. 会員相互の連絡に関すること
4. 応用化学科と会員との連絡に関すること
5. 会員名簿の管理
6. その他幹事会で必要と認めたこと

第4条(本部)

本会の本部は神奈川工科大学応用化学科内に置く。

第5条(会員)

本会は次の会員をもって組織する。
1.正会員:幾徳工業高等専門学校工業化学科、幾徳工業大学工業化学工学科、神奈川工科大学工業化学工学科、神奈川工科大学応用化学科、神奈川工科大学大学院工業化学専攻、神奈川工科大学大学院応用化学専攻の卒業生及び修了生
2.特別会員:1項に記載の学科及び専攻に所属する現教職員及び過去に所属した旧教職員
3.準会員:その他、幹事会が認めたもの

第6条(役員)

本会に次の役員を置く。
1.会長      1名
2.副会長     1名
3.幹事     若干名

第7条(役員の選出)

 
1. 会長、副会長は正会員の中から総会において選出する。
2. 幹事は正会員の中から総会の議を経て会長が任命する。

第8条(役員の任務)

 
1. 会長は本会を代表し、会務を統括する。
2. 副会長は会長を補佐する。
3. 幹事は会務を分掌する。

第9条(役員の任期)

 
1. 役員の任期は2年とし、中途就任者の任期は前任者の残任期間とする。
2. 役員の再任は妨げないが、兼任することは出来ない。

第10条(総会)

 
1. 総会は通常総会と臨時総会とし、会長が招集する。
2. 総会の議長及び書記は、出席正会員より選出する。

第11条(総会の開催)

 
1. 通常総会は毎年1回開催する。
2. 臨時総会次の場合開催する。
(1) 会長が必要と認めた時
(2) 幹事会が必要と認めた時
(3) 100名以上の正会員の要求があった時

第12条(総会の審議事項)

 
1. 会則の改廃
2. 役員の選出
3. その他の事項

第13条(総会の議決)

総会での審議事項の議決には出席正会員の過半数の同意を得るものとする。賛否同数の場合は議長が決議する。

第14条(幹事会)

幹事会は会長、副会長、幹事で組織し、その過半数の出席をもって成立する。

第15条(幹事会の審議事項)

 
1. 総会に提案する議案の作成
2. 総会の議決による会務の実行
3. その他、会の運営上必要な事項

第16条(幹事会の決議)

幹事会の決議には出席者の過半数の同意を得るものとする。賛否同数の場合は会長が決議する。

第17条(会費)

特別な事業を行う場合など、経費が必要な場合は総会の議を経て臨時的に会費を徴収する。

第18条(会員の異動届)

正会員、特別会員、準会員は、住所・氏名・職業(勤務先)などに変更を生じた場合、本部へ速やかに届けなければならない。

附則

 
1. この会則は、平成17年11月12日から施行する。
2. 第11条1項の「通常総会を毎年1回開催する」を「通常総会を2年に1回開催する」に改訂し、平成19年12月1日より、施行する。

Copyright(c)2010 応用化学科同窓会 all rights reserved.